リフォームの口コミ掲示板!素人でも分かる業者の選び方


>>管理人が実際に利用した一括見積りサイトはこちら<<

リフォームの口コミや評判を集めたサイトです。素人でも分かりやすい業者の選び方も掲載していますので、参考にしてください。

リビングリフォームの床材の種類

      2016/12/07

リビングリフォームの床材

リビングリフォームでは、床の張り替えなどを検討している方も多いと思います。
床を張り替えると言っても、床材の種類は豊富でどの床材にして良いのか迷うという方もいるでしょう。
それぞれにメリット、デメリットがありますので、自分に家の状況に合わせたプランの提案をしてもらいたい所です。

リビングリフォームの床材の種類

リビングリフォームの床材の種類は主に下記のような物があります。

フローリング

誰でも知っている素材で、多くの家で使用されています。
規則正しい木目が特徴で、耐久性、耐水性、断熱性に優れています。

ダニの繁殖が発生しにくいという特徴もありますので、アレルギーなどを持っている方でも安心して利用する事が出来ます。
もちろん、フローリングの中でも様々な種類の製品がありますので、デザインなどを楽しむ事が可能です。

クッションフロア

少し柔らかい感触が特徴の床材です。
キッチンや洗面台などの水まわりで使用される事が置く、ワックスがけなどの必要がありません。
フローリングと比べるとデザイン性が欠けるという欠点があります。

クッションフロアでも、種類がありますので色々見て、自分の家に合った物があれば良いのですが、ない場合には他の床材にしても良いと思います。

古くからある家は特に畳が多いと思います。
吸湿性に優れているという特徴があり、独特の香りがします。
和風のリビングであれば、畳は最適な床材となります。

他の床材と比べても高いという欠点があります。
耐久性、防水性に関しても低めなので、日々のメンテナンスが重要となります。

カーペット

床自体がカーペットになっている床材です。
断熱性に優れているのですが、ダニが繁殖しやすい、汚れが溜まりやすいという欠点があります。
床に敷くタイプではありませんので、一般家庭で使用される事は少ないと言えます。

大理石

高級感が非常に出る床材です。
価格も高く耐久性、耐水性に非常に優れている特徴があります。
ダニ等の繁殖もありませんので、安心・安全に暮らす事が出来ます。

冬場には冷たくなる、衝撃に弱いという欠点もあります。

どの床材が良いの?

どの床材が良いのかというのは、家の状況、依頼主の理想とするリビングによっても異なります。
それぞれにメリット、デメリットがありますので、リフォーム業者の担当者に色々と要望を伝えると良いでしょう。

予算の都合などもあると思いますので、その当たりも踏まえて、最適なプランを提案してもらうと良いと思います。

ほとんどの住宅で、フローリングが畳のどちらかが使用されています。
迷った時には、フローリングか畳のどちらかにしておけば間違える事はないでしょう。

数十万円安くなる事も!
【オリジナルのリフォームプランを無料作成】
▼ ▼ ▼ ▼ ▼

リフォームの一括見積りをする

【タウンライフリフォームって?】
  • 3分で複数社の見積り依頼可
  • 一定の基準を満たした業者のみ
  • しつこい営業電話は一切なし
  • 数十万円単位で安くなる事もある
  • 利用者のアンケートの評価が高い
約3分で複数社の見積りができ、
費用、サービスを比べる事が出来ます。
一番のポイントは、相談からアフターフォローまで全て無料という所です。



我が家の外壁塗装体験談も参考にしてください

リフォームの体験談はコチラ

私の外壁塗装リフォーム体験談

 - リビングのリフォーム, リフォームの種類